VDSL(Very bit rate Digital Subscriber Line)

VDSLとは、電話線を利用して高速で通信を行う方式のことで、ADSLとほぼ同じ通信方式です。

違いとして、ADSLの伝送速度が下り最大40Mビット/秒、上り最大1Mビット/秒に対して、VDSLは下り最大100Mビット/秒、上り最大35M~40Mビット/秒と高速である代わりに、数百メートルしか利用することができません。

そのため、電話局から集合住宅などの建物まで光ファイバーを利用し、建物内では既存の電話回線を利用したVDSLを用いることで、低コストかつ高速の通信環境をつくることができます。

頭文字から探す
あ行か行さ行た行な行は行ま行ら行